思春期ニキビと大人ニキビの違い

思春期ニキビと大人ニキビはかなり異なっています。しかし、このことを知らない人も意外と多いようです。


まず思春期ニキビから見てみると、これは10代のころ、つまり思春期に出来るニキビです。 この思春期ニキビは主に「様々なホルモンによってもたらされる皮脂の過剰分泌が原因となってできるニキビ」で、若いうちによく分泌される「成長ホルモン」などが主に皮脂の過剰分泌を引き起こしています。 ただこの成長ホルモンというものは無い方が大変なホルモンですから、思春期ニキビはある程度諦めるしか無いんです。


それに比べて大人ニキビには様々な原因があります。 ただ思春期ニキビと違って「勝手に治る」ことはなく、かならず原因はあります。 その原因については、大人ニキビの治し方を参照してください。


なぜなら思春期ニキビは「思春期特有のホルモンが原因」だったからこそそれが落ち着けば治るものですが、大人ニキビには必ず原因というものがあるからです。 それは化粧品だったり睡眠不足だったり食生活だったりストレスだったりと、本当に様々です。 だからこそなかなか治すことが出来なかったり、原因が見つけられなかったりします。 思春期ニキビはある程度諦めてキレイに肌を保つくらいしかできないのですが、大人ニキビは「頑張って治さねばならない」ニキビです。 しっかりと大人ニキビ化粧水などで保湿することが大切です。


これらの思春期ニキビと大人ニキビの違いを知ることがニキビ対策の第一歩です。

ニキビ痕を治すにはどうすれば良い?

ニキビ痕というのはなかなか治しにくいものですよね。 そもそもニキビ痕が出来てしまう原因自体が「自分の肌の扱い方」に由来するものであったりしますから、ニキビ痕を治すためにはしっかりとした方法を身につける必要があります。

そのニキビ痕を治すための方法とはずばり「触れず、焦らず、気にしすぎず」です。

基本的に、ニキビ痕というのは出来てしまった以上はなかなか治りません。 というか、何かしようとすればするほどドツボにはまっていってしまいます。

ニキビ痕は「悪化」は早くても「良化」は遅いんです。 だからこそ、ニキビ痕を治すには気長に待ちながらできるだけお肌にいい食べ物を摂ったり、いい生活習慣で暮らしたりして、直接的には何もしないという方法が最も適切なのです。

このことだけは、ニキビ痕があってもなくても頭に入れておいてほしいと思います。 また、もう一つ即効性のある方法として、「病院で外用薬を処方してもらう」という方法があります。 この方法は肌の強さなどによっても使えるか使えないかが左右されるのですが、ニキビ痕を治す方法としては抜群です。 本当にすぐ治ります。 ただこの方法で直すとなると肌にまたダメージを与えてしまったり、肌の回復力を奪ってしまったりしますから、あまりおすすめできるものではないですね。

とは言うもののできればニキビ跡が出来ないようにするのが一番です。 そのためには適切に大人ニキビを治すのがおすすめです。

大人ニキビの原因

大人ニキビで悩んでいる人はは意外に多いのです。7~8割の人が大人がニキビになったことがあると言われています。


大人ニキビができると外出したり、人に会ったりするのがちょっとイヤになりますよね。化粧で隠すこともできますが、それがさらにニキビを悪化させることにもつながります。 大人ニキビの原因を知ることで、正しい大人ニキビを治す化粧品を選ぶことができます。


大人ニキビの原因はいろいろあります。ストレス・食生活・乾燥・毛穴のよごれなど。化粧でニキビを隠すのは仕方ありませんが、家に帰ったらしっかりと化粧汚れを落とさなければいけません。化粧汚れが毛穴に残ってしまうとニキビの原因となってしまうからです。


そして洗顔した後でしっかりと保湿を行います。保湿が十分でないと皮脂が過剰に分泌し毛穴をふさいでしまうことがあるからです。

更新履歴